読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀行癖

毎日がオフ会

半径500mの旅・satito's tableworks

自分ちのまわりに、案外何があるのかわからない。
「あそこ住んでるんでしょ?どっかいい店知らない?」
いや、何件か数えるくらいは知ってるけど、要望に答えられるようなお店は知らない。

いかん、住民失格だ。

目と鼻の先に行きたいお店ができると、あまのじゃくなぼくはむしろあしが遠のいてしまいます。
気になるんだったら、行けばいいのに。
それはわかってるんだけど、外に出てしまえば、半径1キロメートル圏内から離れることを考えてしまう。
常日頃、この難題と向かいながら、自宅と会社の間をいったりきたりする日々を送っております。

じゃあ、この「自分の住んでる町を知らない」を解消するにはどうすればいい?
答えは案外身近なところで見つけました。
「ブログにすればいい」
ブログ記事を書く前提で、自宅周辺を散歩して、人に案内できるような場所を見つければいい。
ということで、「半径500メートルの旅」をはじめます。

記念すべき第1回は、ほんとに自宅から目と鼻の先にあるカフェ、「satito's tableworks」さんに行ってきました。
f:id:Borom:20120610144800j:plain

ひっそりとした場所

このお店、わりと以前から「新しいお店ができた」ってのには気づいていたんですが、なかなか足が向きませんでした。
隠れ家的な場所、路地裏、小さな看板。
ロケーションはぼくのツボをしっかりとおさえていらっしゃる。

隠れ家だからこその内装

よく、店主の趣味だか知らないけれど、どんどん置物の増えていって、最後なにがなんだかわからないお店とかあります。
個人のお店だと特にその傾向が強いと思うのです。
木彫りの熊とかだれがカフェで見たいんだ……。
このお店はそんなよけいなことがいっさいなく、必要最低限のもので内装が作られておりました。

簡素だけど暖かみのある内装。
f:id:Borom:20120616165744j:plain
f:id:Borom:20120616165039j:plain

自己主張しすぎない観葉植物や、花。
f:id:Borom:20120616171236j:plain
f:id:Borom:20120616164511j:plain

やさしいケーキ

メニューも非常にシンプルで、この1ページのみ。
f:id:Borom:20120616164254j:plain
これがこのお店のこだわり、でしょうか。
ドライカレーなんてものにも惹かれたのですが、お昼はもう済ませていたので、ケーキと豆乳のカフェオレを注文。
ぼくの食べた「ブルーベリーとポピーシードのケーキ」、すごくやさしいお味でした。
甘さもひかえめで、ブルーベリーの酸味もおさえられてて。
f:id:Borom:20120616165318j:plain
ああおいしい……。
f:id:Borom:20120616165350j:plain

わかりづらいからこそ行ってみたいお店

ぼくは本当にこのお店から徒歩圏内に住んでいて、多少はこういう路地も知っている。
だからこそ、このお店の行きづらさ、わかりづらさはいたいほどよくわかるのです。
そんな迷子さま御用達のお店で、しばしのコーヒーブレイクを楽しむことができました。

f:id:Borom:20120616170555j:plain

satito's tableworks/cakeworks 大阪 天満橋の裏通りにある、大人のための焼菓子shop・隠れ家cafe・お菓子教室