読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀行癖

毎日がオフ会

キャンドルナイト・茶屋町ナイトで心もゆらゆらと

夏と秋に開かれる、1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY。
なぜかしら毎年のように足を運ぶようになって、今年で何年目でしょうか。
ささやかな灯火のイベントではありますが、梅田周辺にポスターがあらわれはじめると、毎年わくわくするようになってきました。
f:id:Borom:20120606185706j:plain

毎年、夏は6月の梅雨時開催。何度か雨天中止を経験しておりましたが、今回は幸い前後のお天気予報も晴れマーク。
ここちよい夕闇に恵まれた、夜の散策日和と相成りました。

この日の茶屋町は、一帯のいたるところにキャンドルアート。
f:id:Borom:20120606191834j:plain
大勢の人が足をとめ、ゆらゆらとした光に見とれていました。
f:id:Borom:20120606193050j:plain
f:id:Borom:20120606192626j:plain


美しさに瞬間で心を奪われるような作品。
f:id:Borom:20120606214227j:plain

日々の暮らしと対比してしまうような、何か考えさせられる作品。
f:id:Borom:20120606192741j:plain

……何をどうツッコめばいいのかわからない作品。
f:id:Borom:20120606193242j:plain

作り手の想いを感じられるような作品。
f:id:Borom:20120606194806j:plain

などなど、今年もいろいろなキャンドルアートが街をにぎわせておりました。
それぞれの作品に見とれてしまうのは、やさしいキャンドルの火が持つ魔力でしょうか。
f:id:Borom:20120606211430j:plain

そして、訪れる人もまたそれぞれ。
自分が好きなどうぶつを探してみたり。
f:id:Borom:20120606214857j:plain

架空の暮らしに想いをよせてみたり。
f:id:Borom:20120606215144j:plain

今年のメッセージキャンドルも、ジョークから平和・愛の想いなど、さまざまな人の気持ちであふれかえっていました。
f:id:Borom:20120606211950j:plain
f:id:Borom:20120606211810j:plain
f:id:Borom:20120606212210j:plain

ささくれた気持ちをほぐす、やわらかなお祭り。
f:id:Borom:20120606213541j:plain

来週の6/13日は、西梅田ナイト。
また晴れるといいですね。

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

f:id:Borom:20120606211918j:plain