紀行癖

毎日がオフ会

スターバックス コンセプトストア巡りの旅4・表参道B-SIDE店

東京の地名を聞くと、自然と青山あたりを散策するシャレオツガールや、大都会のコンクリートジャングルにたたずむビジネス戦士たちが頭に浮かびます。
大阪はしょせん地方都市、せいぜい「キタ」だか「ミナミ」だかが関の山です。
というわたくし、大阪大好きなんですけれども。
この企画の趣旨において、「大阪にコンセプトスタバがない」ってのは結構痛い。
コンセプトスタバじゃない素敵スタバなら、何店か頭に浮かびますが、ただのスタバ行脚は一通り終えてからにしたい。
というとてつもなく内容のからっぽな前置きからスタートしたスタバめぐり、今回は表参道B-SIDE店にいってきました。
f:id:Borom:20120430143001j:plain

表参道に行こう

東京の友人たちはみんな「大阪は日本第二の都市じゃないか」なんて言うのですが、大阪の人間からしたら、しょせんぼくの住まうは地方都市なのです。
地名ひとつひとつに恐れおののいてしまうので、「表参道」なんてもう地方のジャガイモみたいなぼくが足を運んでいいものかすらうろたえてしまいます。
その表参道に、目的のスターバックス・コンセプトストアが。
ひるんでばかりいられない、ブログの取材だ取材。

おしゃれな街の喧噪からひといき

f:id:Borom:20120430142920j:plain
お店があるのは、明治神宮駅からすぐ、なおかつ表参道・明治通りという大通りがすぐそば。
表参道駅から歩いてきたのですが、すこしだけ路地に入ったとたん、人ごみがすこしまばらになる。
東京の街は不思議ですね。
f:id:Borom:20120430143015j:plain
地図をたよりにゆるやかな坂をあがると、見慣れたスターバックスの看板が見えてきました。

さすがの混雑、それでもゆったり

f:id:Borom:20120430143120j:plain
テラス席が満員の時点で気づくべきだったのですが、店内に入るとレジカウンターまですでに長蛇の列。
休憩どころじゃないのでは、なんて心配も……。
しかしながら、行列のわりにはスルスルと順番が進んでいきます。
こんだけ大混雑するお店ですから、スタッフさんも慣れているのでしょうか。

f:id:Borom:20120430143738j:plain
1F席はカウンター前にカウンターテーブル席と、奥にテーブル席がありました。
さすがにこの混雑、テーブル席は満員で確保できず。
ぼくらは入り口そばの丸テーブル席に座りました。
席の配置が絶妙なのでしょうか、入り口そばだからバタバタするかと思いきや、案外のんびりできました。
ウェブサイト上で「都会のオアシス」を標榜しているだけあります。

ラウンジ的な空気の漂う2階

2階席もあるということで、ちらっとのぞいてみましたらば。
f:id:Borom:20120430145356j:plain
お店の中に本棚がありました。スタバで本棚とは珍しい。
f:id:Borom:20120430145433j:plain
蔵書はお客さんが持ち寄ったものだそうな。
アート系の本やら洋書やら、さすが表参道。
大阪人ひるみまくりです。

そして客席。
f:id:Borom:20120430145503j:plain
1Fとは違う、これまた非常に穏やかな空間になっておりました。
ガラス窓から見える緑。ゆったりしたソファ席。
ここでのんびり読書なりをして時間をつぶしたいところ。予定を詰め込むんじゃなかった!!

ルートを間違えたらしい

蛇足をひとつ。
「表参道B-SIDE店」っていうから、てっきり表参道駅から近いのかとおもいきや、Googleマップを見たところ、一番近いのは明治神宮前だそうです。
そもそも表参道が「明治神宮の表参道を指す」ってことに、なぜもっと早く気づかなかったのでしょうかね。

意外とくつろげます

お店があるのは、明治神宮駅からすぐ、なおかつ表参道・明治通りという大通りがすぐそばにあるにも関わらず、ほんの少しだけ路地に入る場所でした。
そのせいか、混雑はすれども「1階席ならばなんとか座れるんじゃないか」という程度でした。
お買い物に疲れたら、都会らしさをもったゆとりの空間で、息抜きされてみてはいかがでしょうか。

表参道B-SIDE店 | スターバックス コーヒー ジャパン

f:id:Borom:20120430145411j:plain