読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀行癖

毎日がオフ会

天満天神梅酒オフ・雪辱の二日目

今度こそ、梅酒を

2月19日、大阪天満宮
f:id:Borom:20120219103251j:plain]
まさかの二日連続開催となった、h:keyword:201202天満天神梅酒大会オフに、昨日と同じ顔ぶれが勢揃い。
無惨な撤退を決断した前日。こんどこそは、と意気込みの集合写真などを撮ります。

f:id:Borom:20120219103429j:plain
キリッ。

亡者の行列

混雑する場内。
f:id:Borom:20120219103853j:plain
前日がとんでもない冷え込みだったせいか、今日は心なしか人が多いような。

われわれもまっすぐ、梅酒の列へ並びます。
今日も今日とて待ち時間のプレートを持つスタッフさんが。

「梅酒 150分」

昨日の朝より全然待ち時間伸びてるじゃん!!
10時半に並んでも1時じゃん!!

「やめときゃよかった」
三人の誰もが敢えてそれを口にせず。
黙してひたすら待ちます。
f:id:Borom:20120219110910j:plain
待ちます。
f:id:Borom:20120219111451j:plain
待ちます。
f:id:Borom:20120219104321j:plain
……帰りたい。

だんだん本音も出てくる行列。
「ハハッ、君たちなんの楽しみもなく並んでるのかい?ランドは並んでる間も楽しみがいっぱいなのにね、ハハッ!」
浦安あたりのネズミが心にささやいてくるようです。
中にはモンハンやってたり、タブレットでインターネットを楽しんで時間をつぶす人たちが。
なぜ今日に限って忘れてしまった!iPad!!

うだうだしてる間に列は少しずつ、すこーしずつ進んでいきます。
f:id:Borom:20120219111809j:plain
いよいよテントが目前に。長い戦いでした。

いざ戦場へ

ついにテントへ。試飲開始です。
f:id:Borom:20120219131132j:plain
ってこれ混み過ぎじゃねえか!
リキュール部門はまったりゆったり試飲して回れたのに対し、梅酒部門は戦々恐々とした様相。
スタッフの「押さないでください!」という怒号が響き渡ります。

f:id:Borom:20120219131334j:plain
この写真撮るのも一苦労。
f:id:Borom:20120219131327j:plain
3年ほど連続で足を運んでおりますが、ここまで混雑したのは初めて。
呑むに呑めない状況ってのは初めてでございます。

がんばって試飲した

とはいえど、試飲がメインの大会。
そこそこの広さがあるテントなのに、テーブルにはボトルがずらーり。
ひしめく人の隙間に潜り込みながらの試飲です。
各酒造メーカーの逸品をできる限り堪能します。
f:id:Borom:20120219134029j:plain
純米吟醸梅酒。ポン酒との間の子ってところでしょうか。
f:id:Borom:20120219133909j:plain
その名の通り、クランベリーの梅酒。色物かとおもいきやさわやかな口当たりで美味。
f:id:Borom:20120219133121j:plain
昨年呑んだぼくのベリーベストオブ梅酒、カランド。
今年も出品されてました。やっぱりうまい。そしてラベルがキュート。
昨年・今年とお土産で買えなかったものの、通販でゲットした逸品です。

とにかく多種多様な梅酒が今年も出品されていました。
試飲は少しなのだけど、やはりリキュール。
体にヘヴィにきます。試飲終了後の水がうまいことうまいこと……。

ここでは紹介し尽くせません……というかぼくのブログごときで全種類紹介するのは無理ってもんです。
興味のある方は是非天満天神梅酒大会にて出品銘柄をごらんください。
f:id:Borom:20120219134404j:plain
ぐわんぐわん、ふらりふらりとした頭で、おいしかった銘柄5種、おしゃれなデザインと思った銘柄1種を選び、投票。

おひるごはんへ

トリオが投票を終えたころはもう昼下がりにさしかかっていました。
お昼ご飯、食べておりません。
空腹と酒。最強のコンボですね。
とりあえず解散前にごはんを食べよう。
「そういや、向こうになんか“すべらんうどん”とか書いたのぼりあったよな」
さすが菅原道真公を祀る天満宮。受験学生にウケそうなことをコピーにしてはりますな。
もうそこでいいか、ということで、茶店のある星合の池へ。
f:id:Borom:20120219135324j:plain
初日の記事で「梅の花がほころぶ頃」なんて書きましたが。
まだ梅は固いつぼみに隠れたままでした。無念。

まあ、今は花より団子。
茶店のおばちゃんにうどんを頼みます。
f:id:Borom:20120219135744j:plain
……なんか昨日の梅うどんと似たようなのが出てきました。
これが、案外うまいの。案外っていうか普通にうまい。
冷えた体にダシがしみわたります。
三人でこの二日間の死闘を語り合いながら、うどんをすすりました。
このうどんを食べて「来てよかった!」なんてことを思ったり。

花咲く池のほとりで

おなかもふくれたことなので、ぼちぼち帰ろうと茶店を出たとき。

f:id:Borom:20120219141303j:plain
あっ、梅が咲いている!

早咲きの梅でしょうか。それとも日当りの良さからここだけ花開いていたのでしょうか。
池のほとりに植えられた2本の梅だけが、愛らしい花を咲かせていました。

f:id:Borom:20120219141324j:plain
梅の花も寒空の下訪れる参拝客をねぎらってくれているのでしょうか。

f:id:Borom:20120219141349j:plain
……きれいですね。言葉などありません。

そんなわけで、今年の梅酒オフは梅の花に見送られて幕を閉じたのであります。
正直、こんなにきついと来年の参加は考えものでありますが……。
またおいしいお酒と出会う機会にあずかることができればよいですね。

f:id:Borom:20120219141459j:plain
それでは、今回はこれにて解散!!