読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀行癖

毎日がオフ会

天満天神梅酒オフ・戦慄の初日

f:id:Borom:20120218105610j:plain

梅酒の品評会に行こう

毎年2月、梅のつぼみがほころぶころ。
大阪市北区にある大阪天満宮にて、「天満天神梅酒大会」という催しが行われています。
日本各地の酒蔵・酒造メーカーが、手塩にかけてつくった梅酒を、一般テイスティング・専門家によるテイスティングによって、「梅酒日本一を決めよう!」というもの。
大勢の人が梅酒に舌鼓をうちながら、どれが自分にとってのベスト梅酒か熟考、投票しています。

この梅酒大会、はてなハイクでも、毎年2月に「天満天神梅酒大会オフ」と称して、みんなでそろって足を運んでおります。
ことしもはてなハイクで声をかけて、トリオ・ザ・ハイカーズで大阪天満宮に足を運びました。
201202天満天神梅酒大会オフ、わくわくしながらのスタートです。

早速心が折れる

くもり空の下、天満宮の門前で合流を待ちます。
この日の最高気温は4℃。

……はぁ!?

前日はさほど寒くなかったのに、よりにもよってこの日は酷寒とあいなりました。
そんな日に限ってマフラーを忘れるわたくし。
くつからも寒さがしみこんでくるような。
そんなベリーベストオブこの冬の寒波みたいな日になぜ集合してしまったのか。
天候ばかりはさすがにどうしようもありません。
雨天中止ならともかく、寒くて中止は聞いたことがない。

f:id:Borom:20120218112721j:plain
ともあれ全員そろったところで、気を取り直し、チケット売り場へ向かいました。

途中、土産コーナーもあったのですが、
f:id:Borom:20120218111124j:plain
すでに完売商品だらけで悲惨な状況。嗚呼……。

さて、チケット売り場はちょうど梅酒試飲会場へならぶ列の目の前。
スタッフの人が待ち時間の書かれたプレートを持っています。

「梅酒 120分 リキュール 30分」

言い忘れておりましたが、この梅酒大会、梅酒部門とは別にリキュール部門も同時開催されています。

f:id:Borom:20120218123545j:plain
梅酒に120分待てるような気温ではない!という判断のもと、迷わずリキュール部門へ向かいます。

f:id:Borom:20120218112518j:plain
ひたすらな行列に耐えること数十分。
尽きそうになる話題をなんとか盛り上げながら、寒空の下につづく行列へ並びました。
そしてようやく。

酒がのめる酒がのめる酒がのめるぞ

f:id:Borom:20120218111702j:plain
リキュール部門の入り口到着、呑むぞー!
品評?もちろんするけど、とりあえず体温上げさせろー!
ということでテントの中に突入した我々。

f:id:Borom:20120218121555j:plain
リキュール部門は梅酒部門と違って多種多様。
f:id:Borom:20120218121714j:plain
いろんな原料のお酒があって品評もかなり難しい。
f:id:Borom:20120218122056j:plain
こじゃれたラベルのお酒などなど。

そんな多種多様なお酒たちを、
f:id:Borom:20120218121657j:plain
きれいなお嬢さんについでもらったりするわけですよ。ぐへへ。

f:id:Borom:20120218122106j:plain
わきあいあいとしたテント内、みなさん想い想いのリキュールをくちに運んでいらっしゃいました。
この中の何本かはぼくもお土産として購入してみたり。てへ。

もちろん、堪能したあとはちゃんと投票用紙に記入です。
f:id:Borom:20120218123920j:plain
仲間たちはどのお酒に投票したのでしょうか。
気に入った酒から各々の趣味・嗜好をはかり知るのもまた一興ですね。

梅酒に向けての作戦タイム

さてさて、リキュールを体に取り込んだものの、体はただただ冷えるばかり。
その日だけ見事に寒波到来、体が芯から冷えるよう。
f:id:Borom:20120218124456j:plain
ブレイクタイムということで、売店のうどんを3人ですすり作戦タイムです。

「……寒いな」
「めちゃくちゃ寒い」
「これ、梅酒もっと並んでるんやろ……」
「うんー……」
「正直無理やな」
「いっそ明日あらためてっていうのは?」
「……マジで言ってるん?いや俺は構わんけど」
「いやー、自分も別に」
「集まるならええけど」

いま出ている案は

  • 白旗(諦める)
  • 強行突破(あくまで並ぶ)
  • 戦略的撤退と再突撃(明日に延期)

の3つ。

「……」
「……明日にするか」
「そうしよう」
「いいか、これは敗北じゃないぞ、戦略的撤退だからな」
「栄誉ある撤退」
「そう、それだ。負けたんじゃないぞ、戦術を練り直すんだからな」

時刻はPM13:00を回ったところ。
f:id:Borom:20120218125555j:plain
こんなもん見せられて今から並んでられるかい!!

そんなこんなで負け犬たちは敗者の弁を口にしながら、近くのカフェーで体をあたためたのでした。
f:id:Borom:20120218133353j:plain

というわけで、オフ会はまさかの二日目に延長。
翌日、梅酒試飲を目指して再チャレンジです。くわっぱ!!